能見の好投に尽きる 阪神対中日 2016年7月2日ナゴヤドーム

      2016/09/08


♦能見の好投に尽きる 阪神対中日 2016年7月2日 ナゴヤドーム

阪神タイガース 能見

昨日の阪神対中日戦。

阪神が久しぶりに勝ちましたよね。

昨日はやっぱり、能見の好投に尽きます。

野球はやっぱりピッチャーって言うのを改めて思いました。

昨日は低めの変化球も上手く使っていましたけど、右打者の内角のストレートもかなり良かったです。

昨日のキャッチャーは岡崎だったんですが、岡崎のリードが良かったんじゃないかと思います。

この前阪神が勝った日はメッセンジャーが先発でしたが、キャッチャーは岡崎でした。

メッセンジャーと能見が調子が良かったというのもありますが、それを引き出したのは岡崎かも知れません。

これは何とも言えませんが、実際に勝った試合は岡崎がマスクをかぶっていたのは事実です。

Sponsored Link
 

 

♦阪神の捕手は誰がいいのか?

阪神タイガース 原口

現在の阪神の1軍のキャッチャーは、原口、岡崎、梅野の3人です。

打撃はやっぱり、原口が抜きんでていると思います。

梅野は入団1年目は打撃力はありましたが、今はそれほどではありません。

岡崎も梅野と同じか少し落ちるでしょう。

守備面で行くと、やっぱり岡崎が一番でしょう。

矢野バッテリーコーチも「ディフェンスは岡崎が一番」と言っていますし、リード、守備力は他の二人より勝っています。

私も原口は、盗塁阻止率も低いし、リードもいまいちの感じがすると思います。

しかし、キャッチャーというポジションは時間がかかると言われます。

岡崎は去年まで1軍の出場はあまりありませんでしたが、2軍では試合に出ていましたし、もう12年もプロでやっています。

やっぱり、経験値は多いんで、そこは強みなんでしょう。

個人的には、岡崎を使うと勝ちが増えるかな?とは思いますが、原口の打撃は捨て難いです。

そして、キャッチャーというポジションは経験が一番大事と言いますから、我慢して使わないとと思います。

簡単なのは、原口は2軍でファーストも守ってましたから、ファーストを守らせたり、外野を守らせたりする(ちょっと足が遅いのが心配ですが)のが良いのかもしれませんが、それだったらいつまで経ってもキャッチャーは育ちません。

ここは辛抱して、岡崎と併用するのが良いと思います。

そして、いずれは打てるキャッチャーになってくれたら。

個人的にはそう思います。

 

♦野球はやっぱりピッチャー

Sponsored Link
 

昨日の試合を見ていて、「野球はやっぱりピッチャーやな」と改めて思いました。

今の阪神は、若い投手が育ってないと思います。

若い投手と言えば藤浪くらいで、今年やっと岩貞が出て来たなという感じです。

もっと、若いピッチャーに頑張ってほしいです。

今年のドラフトは、全員ピッチャーでいいくらいです。

メッセンジャー、マテオ、ドリス、とか外国人に頼らなくてもいいように。

投手力の整備は急務だと思います。

 

 

 

 - 阪神タイガース1軍