岩波拓也(日本代表)の出身高校は?年棒や評価等を調べました

      2016/09/08


♦岩波拓也選手(サッカーリオ五輪日本代表)の出身高校は?

岩波拓也 サッカー

本日、リオデジャネイロオリンピックのサッカーの代表選手が決まりましたね。

その中で、DFで選出されたのがヴィッセル神戸のCB・岩波拓也選手です。

その岩波拓也選手なんですが、高校は兵庫県の第一学院高等学校です。

第一学院高等学校はサッカー選手が多く、有名なところでは香川真司選手や原口元気選手なんかがいます。

また、フィギュアスケートの澤山璃奈さんもいるんですね。

澤山さんは現在はタレントとしてもご活躍されていますよね。

澤山さんはお綺麗なので私も好きだったんですが、第一学院高等学校の卒業生だとは知りませんでした。

第一学院高等学校はスポーツが盛んな学校なんですね。

Sponsored Link
 

 

♦岩波拓也選手の年棒はいくらか?

岩波拓也 サッカー

岩波拓也選手の年棒なんですが次の通りです。

2014年  1200万円

2015年  2000万円

2016年  3500万円

岩波拓也選手は現22歳なので、22歳で3500万円はすごい金額です。

サラリーマンでしたら、多くの方が一生かかっても稼ぐことが出来ない金額でしょう。

それだけ、一芸に秀でている人間の強みですよね。

しかし、サッカー選手は野球選手よりも現役でいられる年数は少ないです。

サッカー選手の引退の平均年齢は26歳だと言われています。

しかし、野球選手は29歳です。

やっぱり、サッカーは走るスポーツなので、足がついて行かなくなったら厳しいんでしょうね。

その点野球は走りますが、サッカー程ずっと走るわけではないですから。

また、野球とサッカーを比較すると、断然野球の方が稼げますから。

だから、サッカー選手はみんな海外に行きたがるんでしょうね。

もちろん、お金だけでなく、純粋に高いレベルでサッカーをやりたい気持ちもあるでしょうが。

岩波拓也選手も将来的には海外移籍も考えているんでしょうか。

その辺りも注目ですよね。

 

 

♦岩波拓也選手の評価は?

Sponsored Link
 

岩波拓也選手の評価は「超大型CB」です。

「日本サッカー史上最高級の逸材」と言われることもあります。

日本人のCBは外国の選手に比べて小さい選手が多いですが、岩波選手の身長は186cmあります。

外国の選手の高さに対抗できるくらいのセンターバックになる可能性があります。

長身を生かした空中戦も得意ですし、対人守備も上手いです。

攻撃でも足元のテクニックに優れており、精度の高いキックを蹴るのでも有名です。

現在の日本代表のセンターバックは、イングランドで活躍している吉田麻也選手がいますが、いずれは吉田選手を超える逸材と言われています。

今回のリオ五輪で活躍し、その後のロシアワールドカップでは代表のスタメンもあるかもしれないですね。

岩波拓也選手の今後に注目したいです。

 

 - スポーツ