若松駿太(中日ドラゴンズ)はドラフト7位の下位指名 高校は?

      2016/09/10


 

若松駿太(中日ドラゴンズ)はドラフト7位指名 出身高校は

若松駿太(中日ドラゴンズ)

 

昨日の阪神戦でバントを3回も失敗して谷繁監督から苦言を呈された、中日の若松駿太投手はドラフト7位の下位指名なんです。

昨日の試合は同期で同い年の藤浪晋太郎との投げ合いだったんで、登板前は「藤浪には絶対に負けない」と闘志満々でした。

藤浪は大阪桐蔭高校で甲子園で春夏連覇の優勝投手。さらにドラフト1位で阪神に入団した超エリート。

かたや若松は同い年でも全く無名の7位指名。調査書が届いたのは中日のみだったと言います。

藤浪に対しての負けん気は相当なものでしょう。

その若松の出身校は福岡の祐誠高校です。

私も初めて聞いた学校です。

当然ながら甲子園出場は全くなく、3年夏の大会は福岡大会2回戦で敗けてしまいました。

Sponsored Link
 

 

若松駿太(中日ドラゴンズ)はドラフト7位、担当スカウトは渡辺スカウト

 

若松駿太

全く無名の若松の担当スカウトは渡辺麿史スカウトです。

2014年に57歳という若さでお亡くなりになっています。

若松は渡辺スカウトを「無名だった僕を見てくれた人」と言い、帽子のツバの裏には渡辺スカウトの名前が書いてあるそうです。

渡辺スカウトは2015年に10勝を挙げブレイクした若松の姿を見れませんでした。

もしお亡くなりになられていなかったら、この活躍を本当に喜んだことでしょう。

渡辺スカウトは日田林工業高校から日鉱佐賀関を経て、1976年にドラフト4位で投手として近鉄バファローズに入団しました。

プロ通算は4年間で1軍出場は全くありませんでした。

その後、1990年に中日ドラゴンズのスカウトになり、2014年にお亡くなりになりました。

現ソフトバンクで元中日の中田賢一、そして若松の獲得に携わりました。

 

若松駿太(中日ドラゴンズ)はドラフト7位、同学年のその他の選手は

 

Sponsored Link



 

 

若松は今年、高卒4年目で、同学年には日本ハム・大谷、阪神・藤浪がいます。「大谷・藤浪世代」とも呼ばれています。

その他の選手では、広島の鈴木誠也、ロッテの田村龍弘らがいます。

 

大谷翔平 日本ハム 投手 岩手・花巻東高校 ドラフト1位

藤浪晋太郎 阪神 投手 大阪・大阪桐蔭高校 ドラフト1位

鈴木誠也 広島 外野手 東京・二松学舎大付属高校 ドラフト2位

田村龍弘 ロッテ 捕手 青森・光星学院高校 ドラフト3位

若松駿太 中日 投手 福岡・祐誠高校 ドラフト7位

 

これを見ても分かるように、若松だけがドラフト7位の下位指名、しかも無名の高校。

「雑草」って感じがします。

これから先、「大谷・藤浪世代」がどうなるんでしょうか。

 - プロ野球