巨人の大補強2017はやり過ぎか?批判的な意見が多いが・・・

   


2016年12月、巨人が来季2017年に向けて大補強を行っています。

FAではDeNA・山口、ソフトバンク・森福を既に獲得。

更に3人目として、日本ハムの陽岱鋼の獲得を目指しています。

そして、更には元・楽天のマギーも獲得しました。

それ以外では、トレードで日本ハムの吉川と石川を獲得しています。

この大補強に対しては「やり過ぎ」「ズルい」などの批判的な意見が多いです。

今回は巨人の大補強について「やり過ぎ」か?「ズルい」か?どうか考えてみました。

 

ケーシー・マギー(元楽天)を巨人が獲得!守備位置はどこか予想

 

Sponsored Link
 

 

 

巨人の大補強2017!FAでは前代未聞の1シーズンに3人獲得か?

2016年12月、巨人が大補強を行っています。

まずはFAですが。

12月5日現在、DeNAの山口、ソフトバンクの森福を既に獲得しています。

更には、森福はCランクの選手なので人数には含まれません。

よって、巨人は3人目の選手として日本ハムの陽の獲得を目指しています。

陽も獲得は決定的で、秒読み段階に入っているとされています。

そうなると、1シーズンで3人の選手の獲得になります。

これは過去には例はないことです。

1シーズン2人まではいましたが。

そして、93年のFA導入から20年以上経っていますが、昨年まで1シーズンに2人以上獲得した球団と回数は次の通りです。

 

巨人 7回

ソフトバンク 3回

阪神 1回

DeNA 1回

ヤクルト 1回

 

です。

やはり、巨人が7回と圧倒的に多いですね。

そして、今回は前代未聞の1シーズン3人獲得となるかもしれません。

DeNA 山口俊

 

巨人の大補強2017はやり過ぎか?マギー獲得と日本ハムの吉川獲得

そして、巨人は元・楽天のマギーを獲得しました。

これは、阪神との争奪戦を制したと言われています。

マギーは言うまでもなく強打の内野手です。

また、トレードでは日本ハムの吉川光夫も獲りました。

吉川は、過去には最優秀防御率、MVPなどのタイトルも獲得したことがある実績のある投手です。

マギーも吉川も実績のある選手で、来季の活躍が期待されます。

Sponsored Link
 

 

巨人の大補強!批判は多いと思うが・・・

見てきたように、今年の巨人の大補強は凄いです。

個人的には、巨人が2007年に、ラミレス、グライシンガー、クルーンを獲った時くらいの補強なんじゃないかと思います。

あの時は横浜からクルーンをヤクルトからグライシンガーとラミレスを。

横浜もヤクルトも弱かったですから、そんなチームから選手を引き抜くなんて。

なりふり構わずって感じでした。

今回もそんな雰囲気はあります。

現に私の周りの人間も「やり過ぎ」「ズルい」などと言ってる人はいます。

確かに私もそう思いますね。

ここ数年の補強は、巨人はソフトバンクに押され気味でしたが、今オフは巨人が圧倒しています。

本気を出したら、こんなもんなんでしょうか。

以上、巨人の補強について考えてきましたが、来季の巨人は強くなるんでしょうか?

補強はズバ抜けていますが、補強したからと言って強くなるとは限りません。

来季の巨人がどうなるか本当に楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 - プロ野球