ゴメスの退団が決定的!阪神の2017年の外国人はどうなるか?

   


2016年のプロ野球も終わりました。

そして、プロ野球は2017年に向けて動き出しています。

その中で、阪神タイガースのマウロ・ゴメス選手の退団が決定的となりました。

今回は阪神のゴメスが退団した場合、2017年の阪神の外国人選手はどうなるのか予想と希望をしてみました。

 

マギー(元・楽天)の獲得に興味がある球団は巨人か阪神か予想!

 

Sponsored Link
 

 

 

ゴメスの退団が決定的!阪神の2017年の外国人はどうなるか?

阪神のゴメスの退団が決定的になりました。

理由はFAでオリックスの糸井の獲得が濃厚になったためです。

阪神は糸井をライト、そして、ライトの福留をファーストに回す考えがあるからだそうです。

そして、ファーストにはキャッチャーの原口の起用も考えられており、ファーストしか守れないゴメスは不要という考えです。

そして、球団はゴメスに代わる新外国人をサードを守れる選手に決めたそうです。

よって、来季の阪神の新外国人は左打ちか右打ちかは分かりませんが、サードを守れる選手で決まりました。

ゴメス 阪神タイガース

阪神の2017年の新外国人!個人的にはこう思う

阪神の2017年の新外国人野手はサードの選手に決まりました。

2016年、今年の阪神の1軍の外国人は、最終的に、投手が3人、野手が1人でした。

来季も投手3、野手1で行くつもりなんでしょう。

しかし、阪神の場合、来季のサードの候補はけっこういっぱいいます。

鳥谷、陽川、中谷、今成、新井、そして、ドラフト1位の大山もいます。

これだけの候補がいるんですが、もし、サードの新外国人を獲った場合、どうしても新外国人選手を優先的に起用すると思います。

なので、陽川、中谷、大山などの将来有望な選手は自然と出場できなくなるでしょう。

そうならないためにも、私は個人的に、無理して新外国人を獲らなくてもいいと思います。

将来的には外国人が必要な年もあるでしょうが、来季に限っては外国人野手はなしでいいんじゃないでしょうか。

そして、サードのレギュラーを10年くらい任せられる選手を作るべきだと思います。

そういう事で、個人的に、来季の野手の新外国人は要らないと考えます。

 

Sponsored Link
 

 

2017年の阪神の外国人はどうすべきか考えました

先程、私は野手の外国人は不在で良いと言いました。

しかし、投手の外国人は3人いると思います。

野手は外国人を使うことで、日本人選手が育たないという弊害がありますが、投手に関してはそんなに弊害はないと思います。

投手は1試合で何人も必要ですし、また、先発でしたら1週間に1回しか投げません。

したがって、外国人投手が3人1軍にいても大丈夫だと思います。

そして、阪神の現状では中継ぎ抑え以降が弱点なので、そこを補える外国人投手が必要になってきます。

そういう事で、阪神の来季の1軍の外国人は野手は不在、投手は3人でいいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 - 阪神タイガース