巨人のFAプロテクト予想!糸井(オリックス)を獲得した場合

   


2016年の日本シリーズが始まりました。

そして、日本シリーズが終わると、FAも解禁になります。

今年は大物選手が多いと言われていますが、その中でオリックスの糸井が注目されています。

糸井には巨人と阪神が獲得に動くんじゃないかと言われています。

そして、糸井を獲得した場合、人的補償が必要な場合があります。

今回は、巨人がFAでオリックスの糸井を獲得した場合、人的補償のプロテクト名簿はどうなるか予想してみました。

 

阪神タイガースのプロテクト予想!FAで糸井を獲得した場合

 

Sponsored Link
 

 

巨人のFAプロテクト予想!去年のドラフト選手は外せない

まずは、絶対に外せないというのが去年のドラフトで獲得した選手です。

2016年のドラフトは先日、10月20日に終わりましたが、今年のドラフトで指名した選手を人的補償で獲る事は出来ません。

しかし、去年のドラフトで指名した選手は相手球団は獲る事が出来ます。

一昨年、巨人はFAで獲得したヤクルトの相川の人的補償で、高卒1年目の奥村内野手を獲られました。

これには批判が多く、「巨人は育成を放棄している」と言われたりしました。

そういうこともあり、入団1年目の選手は絶対にプロテクトするでしょう。

巨人の去年のドラフト指名選手は、桜井、重信、与那原、宇佐美、山本、巽、中川、松崎です。

また、育成枠の選手は人的補償の対象外なのでプロテクトの必要はありません。

去年、2015年ドラフトでの育成枠の選手では、長谷川が現在、支配下登録されています。

なので、長谷川もプロテクトすると思います。

糸井嘉男 オリックス

 

巨人のFAプロテクト予想!絶対に外せない主力選手

次に、絶対に外せない主力選手です。

私が予想したのは次の通りです。

 

投手 菅野、田口、高木、内海、今村、澤村、田原誠、山口、宮国、戸根、西村

捕手 小林

内野手 阿部、村田、坂本、岡本

外野手 長野、橋本、亀井

 

Sponsored Link
 

 

最終的に、巨人のプロテクト名簿はどうなるのか?

最終的に、私が予想した巨人のプロテクト名簿は次の通りです。

 

投手  菅野、田口、高木、内海、今村、澤村、田原誠、山口、宮国、戸根、西村、桜井、与那原、巽、中川、長谷川(16人)

捕手  小林、宇佐美(2人)

内野手  阿部、村田、坂本、岡本、山本、松崎(6人)

外野手  長野、橋本、亀井、重信 (4人)

合計28人

 

以上のように予想しました。

投手では杉内、野手では立岡、大田、中井などがプロテクト漏れしています。

オリックスは今季最下位で、投手も野手も不足しています。

したがって、杉内、立岡、大田、中井などは獲られる可能性はあると思います。

あくまで、個人的な予想です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 - プロ野球