阪神タイガースのレギュラーを予想2017!ショート編

   


2016年の阪神タイガースも終わりました。

そして、チームは来年に向かって動き出しています。

そこで、阪神タイガースの2017年のレギュラーを考えてみました。

今回は内野の要のショート編です。

 

阪神・原口の2017年の守備位置を考える!肩が弱いのが弱点だが

 

Sponsored Link
 

 

阪神タイガースのレギュラーを予想2017!ショート編

2016年、今年の阪神タイガースの開幕のショートは言うまでもなく鳥谷でした。

しかし、鳥谷の打撃不振、守備の乱れによって、後半戦は北條がショートを守りました。

今季、阪神のショートを守った選手は次の通りです。

 

鳥谷  118試合

北條  41試合

大和  2試合

 

です。

鳥谷の連続フルイニング出場が途切れスタメンから外れた試合は、大和がショートを守りました。

しかし、その後は北條がほとんどショートのスタメンです。

北條の2016年の成績は次の通りです。

 

122試合 438打席 打率.273 5本塁打 33打点 6盗塁

 

です。

わずかに、規定打席(443打席)には到達しませんでしたが、打率も2割7分を超えていますし、なかなか立派な数字だと思います。

来季も、シーズンを通して、これくらいの成績が出せるようでしたら、レギュラーは見えてくると思います。

しかし、北條は去年までほとんど1軍の経験がありません。

実質、1年目という事で、来季はどうなるか分かりません。

鳥谷は、年齢的に考えて、もう一度ショートのレギュラーというのは考えにくいので、ショートは北條が1番手だと思います。

そして、バックアップとして大和になるんじゃないでしょうか。

大和は守備の達人で、以前から守備力は鳥谷より上と言われていました。

なので、北條が不振、故障などがあった場合、大和が十分カバーしてくれると思います。

阪神タイガース 北條

 

阪神はドラフトでショートを守れる選手は獲るべきか

阪神のショートは1軍では北條と大和が来季の戦力として考えられます。

そして、2軍で考えてみると、森越と植田がいます。

しかし、年齢的に考えると、将来的に1軍でショートを守れそうなのは植田だけです。

なので、実質、阪神の1軍のショートを狙えるのは北條、大和、植田だけだと思います。

ショートというポジションは誰でも出来るポジションではなく、守備力がないと務まりません。

ショートが守れる選手は、サード、セカンド、ファースト、外野と守れるでしょうが、他のポジションの選手がショートを守れませんから。

代わりの効かないポジションだと思います。

なので、将来的に考えて若いショートを守れる選手の獲得は必要です。

2016年、今年のドラフトは守備力のあるショートを守れる選手は獲るべきだと思います。

Sponsored Link
 

 

まとめ

阪神の来季の1軍のショートは、北條、大和、植田が候補になると思います。

その中では、北條がレギュラーの1番手です。

しかし、現状はその3人しかおらず、将来的に考えて、今年のドラフトは守備力のあるショートを守れる選手の獲得は必要だと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 - 阪神タイガース